ボディライン

プエラリアミリフィカを服用時の注意

プエラリアミリフィカを摂取することで得られる効果は、美肌効果、バストアップ効果、不妊治療効果、更年期症状緩和効果など、たくさんあります。
これらの効果が得られる理由としては、プエラリアミリフィカに含まれている植物エストロゲンという成分が、女性ホルモンに似た作用を持っているからなのです。
そのため、プエラリアミリフィカを摂取することで女性ホルモンが刺激され、女性らしい身体つきになったり、更年期で減少した女性ホルモンを補ってくれたりするのです。

こういった嬉しい効果がある反面、ホルモンに直接作用するということから、摂取方法に気を付けなくてはならないこともあります。
まず、いくら効果を早く得たいからといって、過剰摂取することは危険です。
過剰摂取によって女性ホルモンが過度に刺激されると、かえって肌荒れや体調不良といった悪影響が出てしまいますから、必ず製品に記載されている摂取量を遵守しなければなりません。
また、ホルモンバランスが不安定である生理期間中や、胎児や乳児への影響が懸念される妊娠中・授乳中の服用も避けたほうがいいとされています。
プエラリアミリフィカは女性ホルモンを安定させるため、不妊治療にも大きな効果を与えてくれますが、妊娠することができたら胎児への影響を考え、すぐに摂取を中止しなければなりません。
これ以外にも、服用中に何らかの違和感や体調不良を感じたら、すぐに摂取を中止することも大切です。


このページの先頭へ