ボディライン

プエラリアミリフィカとイソフラボンの関連性

美容に良いということで女性に人気の成分に、イソフラボンとプエラリアミリフィカがあります。
これらは、どちらも女性ホルモンに作用すると言われており、摂取することで美肌効果、バストアップ効果、生理不順や不妊の治癒、更年期症状の緩和といった効果を得ることができます。
似たような効果を得ることができる、イソフラボンとプエラリアミリフィカですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

まず、イソフラボンとプエラリアミリフィカとでは入手のしやすさが異なります。
イソフラボンは、私たち日本人が日常的に摂取している味噌や大豆といった食品に含まれています。
一方でプエラリアミリフィカは、タイなどの山岳地帯にしか自生していない希少性の高い植物です。
希少性の高さから、タイでは輸出入に厳しい規制がかけられており、私たちが入手できるのはサプリメントなど加工品だけです。

次に、成分にも違いがあり、大豆製品などは畑の肉と呼ばれているほど栄養価が高いのですが、プエラリアミリフィカには少量の食物繊維と砂糖しか含まれていないため、栄養価の面では圧倒的に劣っています。
しかし、女性ホルモンに作用する成分は、イソフラボンの40倍以上含まれており、非常に高い効果を得ることができます。
その効果の高さから、過剰摂取に注意するよう呼びかけられているほどです。

このように、双方は似ているようで、大きな違いもあります。
ライフスタイルなどに合わせて、どちらを摂取するかをよく考えて決めると良いですね。

このページの先頭へ