ボディライン

プエラリアミリフィカは医薬品に分類される?

更年期症状緩和や不妊など、女性の不調に効果があると言われているプエラリアミリフィカ。
プエラリアミリフィカに含まれている植物エストロゲンは、病院での治療に使用されることもあるのですが、プエラリアミリフィカ自体は医薬品に分類されるのでしょうか。

プエラリアミリフィカは、医薬品ではなく、サプリメントや健康食品という位置づけとなっています。
しかし、女性ホルモンに直接作用する働きのあるプエラリアミリフィカは、過剰に摂取することで何らかの副作用が出ることがあります。
そのため、摂取時には摂取量を守らなくてはなりません。
どのような副作用が考えられるのかというと、ホルモンバランスが崩れることによる生理不順や体調不良、男性の場合は性欲減退や身体の女性化などが挙げられます。
これらは、摂取を中止すれば元に戻っていくのですが、それでも健康を阻害するということで危険であると考えられます。

また、その他のサプリメントや服用している薬品との併用にも気を付ける必要があります。
特に女性の場合は、避妊や生理不順の治療のためにピルを服用している方もいるでしょう。
ピルとプエラリアミリフィカとは、成分がよく似ているため、併用することで成分の過剰摂取になる恐れがあります。
ピルだけでなく、ホルモンに作用する薬品を使用しているという方は、摂取前に医師や薬剤師に必ず相談するようにしましょう。


このページの先頭へ