ボディライン

妊娠・授乳中に行うプエラリアミリフィカの摂取

美肌や美容といった効果から、女性の不妊にも効果があると言われているプエラリアミリフィカ。
まさに女性にとって魔法のような成分であるわけなのですが、実は状態によっては摂取を控えなければならないときがあるのです。
一体それはどういったときなのでしょうか。

不妊のためにプエラリアミリフィカを摂取していた方が、めでたくお子さんを授かることができたことがわかったら、その時点でプエラリアミリフィカの摂取は中止してください。
妊娠中は、母親が摂取した栄養成分が、胎盤を通して胎児へと吸収されていきます。
プエラリアミリフィカであっても同様で、ホルモンに大きく影響を与えるプエラリアミリフィカが胎児に吸収されてしまうと、胎児への影響や何らかのリスクが起こる可能性が出てきます。
胎児が男の子の場合、女性ホルモンを活性化させるプエラリアミリフィカを吸収することで、生殖器官に悪影響を及ぼしてしまうことがありますし、女の子であってもホルモンバランスを崩して成長を阻害したりする可能性があります。
そのため、妊娠中は決してプエラリアミリフィカを摂取しないようにしましょう。

同様の理由で、授乳中もプエラリアミリフィカの摂取は避けるようにしてください。
授乳時も、母親が摂取した成分が母乳を通して赤ちゃんの口へと運ばれることになるので、こちらも何らかの健康障害が起こる可能性が出てきます。
プエラリアミリフィカを摂取したいのであれば、出産後、授乳が終了してからにしましょう。


このページの先頭へ