ボディライン

プエラリアミリフィカの適正摂取量に関して

身体のアンチエイジング効果が期待できるということで、まさに女性の味方であると言えるプエラリアミリフィカ。
その効果を早く実感したいということで、過剰に摂取しようと思っている方も少なくないようですが、それは全く効果が無いばかりか、悪影響を与える可能性があるため、注意が必要です。
どういうことなのでしょうか。

プエラリアミリフィカは、女性ホルモンに作用すると言われている植物エストロゲンの効果が、大豆イソフラボンの何十倍もあると考えられています。
プエラリアミリフィカを過剰に摂取し、女性ホルモンが強く刺激されてしまったとしたら、どうなると思いますか。
肌がきれいになるどころか、ホルモンバランスが崩れてニキビや肌荒れが発生してしまったり、生理不順になったり、場合によっては頭痛やめまいなどの体調不良になることもあります。
実際、プエラリアミリフィカの原産国であるタイでは、一日の摂取量が厳しく定められています。

適正な目安量としては、200~400mgであると言われていますが、プエラリアミリフィカ製品の中には、1日の摂取目安量が500mgや700mgを超えているものも存在しています。
そのため、そういった製品は最初から避けるか、ご自身で摂取量を調整したりすることをおすすめします。


このページの先頭へ